クジラモバイル

クジラモバイルの名前の由来は?

なぜ、クジラモバイルと言う名称がつけられたのでしょうか?
実は、名称に挙げられている、クジラの特徴を採り上げているからなのです。
みなさんは、クジラが海の中で、どのように会話をしているのかを聞いたことはありませんか?

 

クジラは対話する際、サウンドチャンネルと呼ばれる音や光が伝わりやすいSOFAR層を利用して、交信しているそうです。
他に海に生息している生物は、それぞれの特徴に応じて住む場所や交信の方法が違いますよね。

 

そして、その距離がどれくらいなのか、想像できるでしょうか?
最長だと、目安として南極からハワイまで、約6000qまで交信をすることができ、結構な距離になりますよね。
場所を聞くととても長い距離になりますので、クジラは体の大きさだけが特徴ではなく、長い距離でも通信ができる生物の象徴とも言えるでしょう。

 

このような通信における特徴があるクジラを、クジラモバイルでは名称やモチーフとして利用しているのです。

 

分かり易いクジラモバイルの料金体系

まず、みなさんが気になるのは、利用するとどれくらいの料金がかかるのかになりますよね。
ほとんどの人が毎日利用することになる物なので、料金体系を知っておくことは大切なことです。
近年では多くの会社が、様々なプランを提案していますが、クジラモバイルにはどのようなプランがあるのでしょうか?

 

クジラモバイルでは、準協会員Bコースが設けられております。
一目見ただけでも分かり易いので、複雑な料金の仕組みが苦手な人には特にお勧めできるでしょう。

 

まず、SIMカードのみを利用する場合は、1カ月あたりの利用料金は税別で5400円になります。
お気に入りの端末があり、カードのみの利用を考えたいという場合は、こちらの形態になりますね。
この値段で何が利用できるのかと言うと、データプランは20Gまでと24時間かけ放題の通話プランになります。
最低限、利用する際に必要な機能が備わっているので、とても分かり易いです。

 

また、人によっては新規登録をきっかけに、機種も変えてしまいたいということもあるでしょう。
このような場合は、SIMカードと機種を一緒に購入することができます。
現在の機種が古くなってしまい、買い替えを考えている人は、選択肢の1つとして検討し見てみると良いかもしれません。

 

クジラモバイル(準協会員Bコース)と格安SIMとの違い

次にご説明するのは、現在普及している「格安SIM」とどこが違うのかということです。
両者は、サービスの点で違った部分はあるのでしょうか?

 

格安SIMの一番分かり易い特徴は、値段の安さになりますよね。
例えば、通話を含めても月の利用料が2000円以下であったり、データの使用料のみで申し込むとそれ以上に安くなったりと、金銭的負担が少ないのが特長です。

 

しかし、安い反面、追加で利用すると、使った分だけ金額が上乗せされる仕組みになっていることがあります。
また、利用に必要なアプリをダウンロードしたり、無料通話の制限が極めて短時間であったりと、様々な制限が設けられる場合もあります。
従って、どのような利用方法を選択するのかによって、準備しておくことや気を付けるべき点が異なってきます。

 

ここで疑問なのが、なぜアプリ等の準備を契約後にしなければならないのでしょうか?
そのまま契約したプランで、本来ならば利用しても問題はないはずですよね。
実は、格安SIMではMVNOという回線を利用しています。

 

しかし、この回線は通話代が高くなってしまう等、通話をするにはあまり向いていないのです。
そのため、それよりも利用しやすいアプリをダウンロードする必要が出てくると言えるでしょう。

 

一方で、クジラモバイル(準協会員Bコース)の場合、事前に必要な登録をしておくと、通話は24時間無料になりますし、電話回線はSoftBank回線になるため不便さはありません。
何かあった時に、連絡がきちんと取れないのは一番困りますよね。
追加設定する手間もないので、アプリの必要もなく、すぐ利用できるのでとても使いやすいです。

 

また、データ通信の容量も大きく、動画等を見ることができることも魅力的な特徴になるでしょう。
格安SIMではWi-Fiを利用することが安さの前提になっている場合もあるので、外出時にも制限がかかりにくく、速く利用できるのは助かりますよね。

 

他社との料金比較

ここまでで、料金や格安SIMとの違いをご説明しましたが、20Gのデータ容量を他社で利用した場合はどうなるのでしょうか?
比較するために、例としていくつか挙げてみましょう。

 

例えば、D社の場合は月9720円、S社の場合は月9363円、最後にA社の場合は月10170円になります。
これは、新規で契約した場合を想定した際のプラン料金ですが、機種代金を差し引いたとしても、月の利用料は高めになりますよね。
これらの料金とクジラモバイルと比較すると、利用料の支払いは月4000円近く違ってくることが分かり、安いと言えるでしょう。

 

この金額の差はとても大きく、例えば、浮いた分を貯金やご自身の趣味に使うことができますよね。

 

クジラモバイル契約の際の注意点

料金面でとてもお得なクジラモバイルですが、実際に利用するにあたり注意点があります。

 

まずは、契約期間が3年に設定されていますので、途中で解約した場合は9500円の違約金が発生することです。
一般的な契約より、年数の縛りが少し長いので気を付けたいですね。
また、支払いはクレジット決済に限定されていることや、他者からの乗り換えであるMNPを利用することはできません。

 

さらに、新規で契約した際の初月の支払いは、月額の金額と異なります。
なぜなら、SIMカードを利用するための手続きに必要な、開通事務手数料というものがあるからです。
そのため、初回は少し高めの支払いが求められることは忘れないでおきましょう。

 

前の項目で月額の利用料をご紹介しましたが、最初の支払い時は月々のSIM利用料に追加して、初期事務手数料の3000円が必要になります。
従って、SIMカードのみの契約の場合は、計算すると合計で税別8400円が必要になりますね。

 

みなさんが利用するにあたり、料金が分かり易く利用しやすいですが、このような注意点があることも確認しておきましょう。

 

まとめ

今回は、クジラモバイルについて、利用するにあたり知っておきたい基本的な情報をご紹介しました。
シンプルでとても分かり易く、回線等も利用しやすいシステムであることが分かりましたよね。
他社で類似のプランを比較しても、性能や金額面において、とても優れている要素が多いです。
みなさんも今回の記事をきっかけにクジラモバイルを利用してみませんか?

SoftBank Airについて

 

みなさんは、ご自宅でインターネットを利用する際、どのような回線を利用していますか?
最近では、自宅や職場等でWi-Fiを利用していることが多く、現在、利用している人という人もいますよね。
クジラモバイルでは、端末に関してだけではなく、お得な回線サービスも取り扱っているのです。
今回は、SoftBank Airの基本的な知識について、ご説明しましょう!

 

SoftBank Airについて詳しく知ろう

みなさんの中で、現在Wi-Fiを利用しているという人はいませんか?
少し前までは、インターネットの回線と聞くと、ケーブルをパソコンに指して利用する形が一般的でしたよね。
現在では、機械本体をセットしておくだけで、インターネットを利用できるような仕組みができました。

 

日常で利用する場面として、例えば、スマホやパソコンに接続したり、ゲーム機や家電等でも利用できたりと活躍の場が広がっています。
また、お店でも誰もが利用できるサービスとして、設置しているところもありますよね。
詳しい仕組みは分からないけれども、何かしらで利用しているという人はいるはずでしょう。

 

クジラモバイルでは、Wi-Fiを利用できるサービスとして、SoftBank Airを取り扱っており、回線の工事が不要なので、設置後はすぐに利用することができます。
今まで利用したいけど、機械の設置が不安だったり、難しそうと思っていたりする人でも、安心してできますよね。
自宅用の設置が念頭に置かれているため、高さが21pほどあり、持ち運びには不向きかもしれません。

 

実際の使い方は、とても簡単です。
付属しているアダプタをコンセントに差し込むだけで、使い始めることができ、面倒な初期設定等をする必要はありません。
機械類に強くない人や、一人暮らしを始めたばかりの学生さんでも、設置がしやすいでしょう。

 

料金体系はどうなっているの?

設置に関わる面倒さが全くないので、自分でもできるかもしれないと思った人もいるでしょう。
利用を考え始めた際に、次に知っておきたいのは、月にどのくらいの利用料金がかかるのかですよね。

 

クジラモバイルの場合、準協会員Aコースが設けられており、月額は定額の3800円になります。
この金額は、SoftBank Airを契約すると、初月から24カ月までは「はじめようSoftBank Air割」の対象になっての金額になりますので、安くなってお得ですよね。
期間が終了した後は、月4880円に変わりますので、気を付けましょう。

 

補足として、初回の場合は事務手数料の3000円が必要になります。
従って、月額の金額にプラスして支払うことになるのを、忘れないようにしたいですね。

 

基本的には、一定額での設定になりますので、使い過ぎた分、料金が高くなってしまうようなことはありません。
SIMカードの利用と同様に、契約の期間は3年ごとに設定されているため、途中で解約を考える場合は、契約期間を確認しておきましょう。

 

利用できるエリアは現在も拡大中ですが、ソフトバンク回線のため、その電波が届く場所は基本的に利用できると思っておいて大丈夫です。
聞いたことがない会社の回線だからと、不安に思う必要はありません。
日常生活で利用する分には、電波状況も問題のない範囲でしょう。

 

また、もし解約をしたいと思った場合でも、電話での対応が可能ですので、わざわざ店舗に出向く手間はありません。
住んでいる場所によっては、近くの店舗に出向いて行うことが難しい人もいるでしょう。

 

急な引っ越しが決まった等の事情にも、細かな手続きはネット上で行えますので、時間を気にせず、すぐにできて便利です。
普段忙しい人でも、空いた時間に手続きができるため、時間を有効に活用できますよね。

 

ところで、インターネットを利用するにあたり、意外にもお金がかかることは知っているでしょうか?
工事費と言っても、業者さんに来てもらうと思った以上の金額になってしまうことがありますよね。

 

しかし、クジラモバイルでSoftBank Airを利用すると、そのような費用面の負担は少なくなります。
特に、新生活が始まった頃は、何かと出費が多いですし、引っ越しの片づけ等で面倒なことが重なりますよね。
その負担を少なくでき、快適な生活への一歩を踏み出すことができるでしょう。

 

さらに、データ通信料に制限はありませんので、制限にかかってしまい、スピードが遅くなったり、見ることができなかったりということはありません。
快適なインターネットを、簡単に利用できるようにしたいと考えている人にはオススメです。

 

クジラモバイルと他社のサービスを比較するとどうなの?

クジラモバイルでSoftBank Airを利用すると、どのような料金体系になるのか、使いやすさはどうなのかということについて、前の項目ではご説明しました。
そうなると、他社のサービスとはどのような部分が違うのか、ということが気になりますよね。
簡単にですが、様々なサービスを考慮した上で、他社との違いを見ていきましょう。

 

例えば、平成28年3月期の売上を見ると、A社は約4兆5千億円弱、D社が約4兆5千億円を超え、最後にS社は約9兆円となっています。
金額の額面を見ると、会社の人気やサービスをどのくらい利用した結果なのかが分かりますよね。

 

一方で、この金額から、私たち1人1人が携帯等の通信費にどのくらいお金をかけているのかが分かるのです。
みなさんは、1年を通して、どの程度通信費にお金をかけているか、計算したことはありますか?
実は、3社の売り上げをまとめてみると、1人当たり1年で通信費に18万円支払っていることになるのです。

 

総合的な金額だとイメージがしにくいかもしれませんが、1カ月あたりにすると1万5千円になりますよね。
様々なサービスを込みにして考えても、適切な金額だと思えるでしょうか?

 

例えば、携帯に関する調査で、使用料金に注目すると、今の支払っている料金が高いと感じている人は利用者の約6割もいるのです。
この6割という割合を知った時に、みなさんはどのように感じるでしょうか?
自分もそのように思うと感じますか、それとも、サービスに納得しているから妥当だと思いますか?

 

意外にも、現在の料金の仕組みに満足していないという人は、結構いるのです。
この事実を踏まえた上で、クジラモバイルを利用してみるとどうなるのかを考えてみましょう。

 

今回は、SIMカードとSoftBank Airの2つの利用を契約した場合を想定します。
SIMカードの利用料は税別で月5400円で、SoftBank Airは税別3800円になり、合計で9200円になります。
よろしければ、みなさんの現在の通信にかかる費用と見比べてみて下さい。

 

単純に、通信費全体での金額を見ると、一般的なスマホやWi-Fiの利用料よりも安く済みますよね。
さらに、通話がかけ放題や通信料が20Gまで利用でき、利用料が変動しないことで、お金を気にせず利用することができるでしょう。

 

他社の場合、様々なオプションをつけると、無料の場合もありますが、ほとんどが有料になり、基本料金に追加されていきます。
不要なオプションを付けていて、その分を支払っているというような損はありませんよね。

 

また、動画サイトをよく利用する人は、基の通信料だけでは足りない場合もあり得ます。
そのような時は、自宅でSoftBank Airを利用することで、快適にインターネットを利用することができますよね。
自宅にいる時はWi-Fiを利用し、外出時は大容量の端末を利用する形にすると、金銭面においてもお得に利用できるでしょう。

 

今までの料金やサービスに納得できていない人は、クジラモバイルでの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

今回は、SoftBank Airの基本的な知識についてご説明しました。
難しい設定や工事はありませんので、世代を問わず簡単に始めることができ、機械が苦手だという人には特にオススメです。
SIMカードと同時に利用をしても、月額の料金は他社と比べて安く済みますし、オプション費用として別途で料金が追加されることはありません。
通信費の節約を考えている人は、是非、利用を検討してみて下さいね。

トップへ戻る